--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.20
聖魔育成の散歩道 1

私がメイプルストーリーを始めたのが2005年の1月。もうすぐ2年半になろうとしています。
ネット友達に 「一緒にやろうよ~」 と誘われ、公式HPでダウンロードしてログイン。
DLにずいぶん時間がかかるなぁ~と思った記憶があります。

それまでアクションオンラインゲーム(BO)で友達と腕を競う対戦を楽しんで遊んでいた私にとって
時間をかければ誰でも同じようにレベルが上がって行くオンラインロールプレイングゲームは
仕事もこれから!な時もあり、そこまで熱を入れて楽しめるゲームとは思えなかったんですよね。

それが、選択した職業によって、まったく違う遊び方が出来るのを知り
昔はまったDQⅢを思い出すかのような転職して新たな技を見に付けて行くキャラクター
出会う人たちと会話をし、一緒に狩りをして楽しむ時間。
いつしかそこで出会った人たちと遊ぶのが当たり前な時間を過ごすようになりました。

どんなゲームかと情報を得ようとメイプルストーリーの公式サイトで見た職の特性。
一人旅をするなら戦える職だよね!と、素早く動けて敵に突っ込んで行ける斬りを選びました。
そして、初めてグループでワイワイ遊んだカニングのグルクエで出会った30Lvの魔法使いさん。
魔法で遠くの敵までバシバシッと倒し、さらに緑色の光のシャワーでみんなを回復している。
頼りになり、グループのみんなの役に立てるその存在に憧れずにいられませんでした。

そして生まれたクレリックとなった2代目のキャラ。
カニクエの楽しさをいつまでも、の理由と、名前がどうしても自分らしくないとのことで
名前を使いたくてファーストキャラをデリートして新しく作り直した3代目のキャラ 「櫻ちゃ」 。

楽しく遊べるカニクエキャラは他にいるからと、3代目なのもあって不自由なく狩れるメルもあり
走り去るかのようにレベルを上げてキャラを育てて来ました。
主な参考サイトは 「メイプルの雫」 、欲しい情報はスキルの能力のみ。

このスキルはどんな能力だろう?

自分でスキルの能力を考察して、自分の行く狩場や戦い方によって必要な順番を考える。
私が育成ゲームをする中でとても楽しく大好きな時間です。

狩場はどこでも良かったんです。狩りやすくレベルが上がりやすく楽しめる狩場。
キャラを作ったその日に一気に30Lvクレリックに転職し、聖魔であるヒール狩りのスタート。
ヘネシス狩場1、ジパングきのこの森・・・
ヒールを覚えてからは、ルディのクロノス、エリニアのルパダン、エルナスのゾンビ。
バイキングも武器庫も、玉蟲姫もリプレも何も実装されていない頃に120lv。
4次が実装されないまま、2年間スキルを何も上げることのないまま 「櫻ちゃ」 で遊んできました。

メイポを始める前からブログは書いていたのですが、ゲームの育成記事を書く気にはなれず
狩りをしてレベル上げを楽しんでいた頃の昔の思い出は 「記録」 としては何も残っていません。
SSも全部消えてしまったから、「思い出」 は 「記憶」 にある楽しかった時間のみ。
記憶に残っているのは、120Lvも近くなり、レベル上げよりも 「出会い」 を楽しんでいた時間です。
メイポを辞めたたくさんの友達は今も元気かなと気になるものです。

私がメイポネタをブログで公開したのは、ジャクムを始めた頃に 「情報」 を提供したかったため。
プリーストと言う、他の人たちの命を預かり、戦闘をサポートする職業。
ボス戦で逝くことは許されない。そんな重い使命を背負った挑戦。
PTの役に立ちたくて、PTメンバーのみんなに喜ばれたくて。

みんなのために頑張ろうとしている人たちが少しでも心に余裕を持ってボス戦に参加できるように
何より、本人たちがその 「サポート」 と言う役を楽しめるようにと情報を提供してきました。
そして書き上げた 「ジャクム本体戦・BG&大親分戦など ボス戦情報」
ジャクム本体戦の記事を書いたのは1年以上も前で、BG・大親分戦はもっと昔です。
本当は、現在の情報で書き直したいんです。
遠征隊のシステムが登場し、4次職も実装され、多くの方が参加できるようになりましたしね。
だけどなかなかその時間が取れずに放置になったままにしてしまっています。

そんな私がず~っとやりたくてやれずにいたことがあります。
それが 「聖魔育成記事を書く」 こと。

2007年3月末に4次職が実装され、聖魔は 「プリースト」 から 「ビショップ」 になりました。
「僧侶」 と呼ぶにはあまりに戦える職に変化した聖魔は、遊び方も大きく変化しました。

全体攻撃魔法 「ジェネシス」


30Kを与えるこの魔法のスキルレベルはまだ 10(MAX30)です。
聖弱ではない敵に対しても30K↑、聖弱の敵に至っては50K↑のダメージが出ています。
ただ、大量のMPを消費することから、セレブ狩りとも呼ばれていますけどね。

単体攻撃魔法 「エンジェルレイ」召還獣 「バハムート」


大量のMPを消費しなくても、このようにダメージを与えられるスキルがあります。
他にも攻撃魔法 「クァンタムエクスプロージョン」、ボス戦での死者も蘇らせる 「リザレクション」
他職に必要とされる 「補助」 魔法を持ち、そして 「攻撃スキル」 を備えたビショップの遊び方は
非常に自由な選択肢の出来る、とても面白い職だと思っています。

バイキングが実装された当時、「補助」 ができないプリはPTにいらない。
そう言われ、高額ドロップアイテムを狩ることが許されない友達は悩み、プリを辞めて行きました。
マイプリ問題が出た時にも、プリ友達の数人は、プリでいることが出来ずに辞めて行きました。
時代が変わった今は、その悩みが何だったんだろう?と思えるほどですが
当時はその方たちにとって非常に重要な問題だったんですよね。プリが好きだったから余計に。
悩めるプリーストをたくさん見てきて、だけどその都度思っていたのは
プリが好きなら 「自分が楽しめる方法」 で遊んだらいいし、プリが嫌なら他のことをしたらいい。

オンラインゲームは、楽しむために遊ぶものだと思うんですよね。
職があるから、役割があるからって辛い思いをしてまで続ける必要なんてないんです。
ただ、何かが出来なくて、何かが上手く行かなくて。少し手を伸ばしたら届くもの。
それは欲張りに頑張ってステップアップして、更なる楽しさを手に入れるものだと思っています。

苦労しただけの喜び、ツライ時期を越えたからこその嬉しさ。
ゲームだけじゃなく、リアルでの生活も同じですよね。
頑張っただけの 「感動」 があると、やって良かったなぁ~って、嬉しく楽しくなります。

メイポはどの職にも、それぞれの面白さ、素晴らしさ、魅力があると思うんですよね。
そうじゃなかったら、あんなに様々な職で遊んでいる友達が楽しそうなわけがないんです。
どの職が良いかなんて言うのは、未経験の人たちが言うのは違うのかなと思います。

誰にも分からない良さを見つけるのも楽しさであり、それが選べる職がある。
一つのキャラのレベルを上げても、全職制覇するのをメイポの楽しみ方にしても良いでしょうし
狩りなんてしなくても良いですしね。人それぞれ遊び方が違って良いのだと思っています。

どんな遊び方をしても、このゲームをしている方々みんなに共通するのが
メイプルストーリーが好きであると言うこと。

先日のパス抜き騒動で、メイポがどうなるんだろう?と不安になる事件がありましたよね。
あの件で、私もどうしようかなぁ・・・とすごい考えました。
メイポがサービス終了するならば、受け入れるしかないだろうけど
メイポが続いてくれるなら、もっともっとやりたいことやらなきゃっ!!!って。
リアル事情でいつまでINできるかも分からないのもあり、限られた時間かも?と思ったとき
私のしたいことは・・・。

キャラクターのレベルを上げるより、この世界に思い出が欲しい。
そして、ずっとしたかった聖魔育成記事を書きたい。

メインIDで入るのが問題ならサブする?の話から、迷わず 「聖魔育てる!」 って答えてました。
誰かと一緒に育てるなら、私にとって聖魔以上に楽しめる職はないと思っています。
今、サブを育成しています。クレリック、プリースト、ビショップへと転職するキャラクター。

魔法使いは、聖魔は育てやすいと思います。
チケありでさえ経験値500いかない死森のゾンビで、狩り好きな私は半年で120lvですしね。
武器庫や姫の5000も8000も入る敵が実装された今なら、楽しめるなら早いと思います。

だけど、私が書きたい育成記事は、 「いかに早くレベルを上げるか」 じゃないんですよね。
何レベルでどのスキルに振って、どの敵を狩るか。そのような 「情報」 なら他にいくらでもあります。
聖魔を 「どう育てるか」 ではなくて、「どう楽しむか」 そんな育成記事を書きたいと思っています。
私が 「櫻ちゃ」 で駆け抜け、寄り道もしなかった場所も行きたいなと楽しみにしています。



■ 「聖魔育成の散歩道」 ~ 趣旨と目的 ~

私の書く 『聖魔育成の散歩道』 は、その名の通り気まぐれな散歩道。
聖魔育成の 「道!」 みたいな、こう進んでください~と言うものじゃなくて
聖魔としてフラフラと色んなところを旅しながら育って行くものを書きたいと名付けました。
今後IN率が今現在よりも激減することが予想されるので、どこまで書けるか分かりませんが
過去の遊んで来た時間が 「記録」 として残っていない私にとっての思い出として
また、メイプルストーリーを既に辞めた人にとっても当時を思い出せる懐かしい記事として
そして、これから遊ぼうとしている人にとってもメイポってこんな風に楽しめるんだ!と
どんな方が見ても楽しめるものにして行きたいと思っています。
いつか・・・自分の子供にも見せられたらなぁ~と、「読み物」 として書きたいですね。


■ 「聖魔育成の散歩道」 キャラクター紹介



一番左が、私のメインキャラ 「櫻ちゃ」 現在ビショップ157Lv です。
その右の女の子が散歩道の主人公 「夜櫻ちゃ」 やんちゃな冒険&挑戦好きな女の子です。

「櫻ちゃ」 は、育てるのが楽しくて熱中していたら、気付いたらこんなレベルになってしまいました。
死森のゾンビに居た頃までは、自分がいかに狩るかを考えて遊んでいたのですが
PTを組んだ時のサポートとしての役割やその楽しさを知ってから
自分が楽しむより、周りの方に楽しんでもらいたい!自分がいることで周りの方が楽しめる。
そんな時間を贅沢に楽しんで来ました。補助だけでも楽しいし、狩っても楽しいですからね。
120Lvまでは狩り、120Lvからはサポート。そんな遊び方で育ったキャラクターです。
「櫻ちゃ」 が遊んだ狩場は主に人気狩場。あまり色んな狩場に行ったことがありません。
飽きない性格なので同じ狩場に何時間居ても永遠と楽しんでいられます。
「夜櫻ちゃ」 は 「櫻ちゃ」 とは違う道を歩かせたいなぁと色んな狩場で狩ろうと思っています。
どんな育成記事を書いていけるか楽しみにしています。

そして、泣いてる男の子が、私の育成のパートナーとなる 「朔麒麟」 くん。
一番右のメインキャラ、現在ダークナイト155Lvの 「剋麒麟」 さんのサブです。

麒麟さんはサブ育成のパートナーであると同時に、私の最も信頼のおける甘えられる人です。
私がサブで聖魔を育てたいと言ったら、「じゃあDK育てる~」 と一緒に育てることになりました。
お互いに相手が喜んでくれる職でいたいと望んだら、自然とメインと同じになってしまいました。
私も相手に喜んでもらうのが大好きなのですが、彼の尽くし方には負けてしまいます。
まるで、娘に甘いパパ。ワガママを言うと喜んでくれるんです (^^
外でお仕事をしている時は怖いこともあるらしいのですが娘の前では本当に優しい人。
何も気遣いのいらない関係で、お互いに言いたいことを言いまくり。
語り好きな私を少しも嫌だと思うことなく何でも興味を持って話を聞いてくれちゃうので
彼に語る時は私がお姉さんになり、彼は弟みたいに可愛く見えてしまいます。
そんな彼を私はメイポで 「ダーリン」 と呼んでいます。「kirinsan」 より楽で言いやすいんです。
リアルでは恥ずかしくて言えない呼び名も、さすがにチャットでは怖いものなし。
彼は私のメイプルライフをすごい楽しいものに変えてくれる私にとって非常に大切な存在です。
出会ってから半年、そしてちょうど今日でリング1ヶ月が経ちました。
サブ育成を通じてこれからどんな時間を過ごして行けるか非常に楽しみにしています。


■ 「聖魔育成の散歩道」 パートナーブログ DK育成記

彼もまたブログを書く人であり、私もファンの一人です。
サブ育成に伴い新しくブログを始めてくれました。
私がサブを育てて良かった!と思える要因のひとつですね。楽しみが増えました。

剋麒麟(朔麒麟)ブログ 『暇な櫻茶屋』


私が書く時間がない~;と嘆いている間にポンポンと記事が更新されていきます。
たぶん今後もずいぶんレベルが違う記事の更新になるかと思いますが
それぞれを楽しんでいただけたらと思います。

と、硬い挨拶をしてみましたが
育成記事は顔文字豊富な冒険旅行記みたいなノリで書いて行きたいと思ってます。
もう既に麒麟さんの記事でネタにされまくりだから真面目になんて書けない(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
いぢられすぎやっ!! 。゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д´ ゚)ノ゚。。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウワァァァン!!
9/60


関連記事

お気軽にコメントをどうぞ^^

← 非公開はこちらをρ゙(・ω・*)ぽちっとな♪

TrackBackURL
→http://sakurasmile.blog60.fc2.com/tb.php/134-347ff2c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。