--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.04
先日、会社のイベントスタッフとして終日お出かけしてきました。
結局寝るのが遅くなって睡眠時間はなぜか1時間半。
それに耐えられる若さがないのは自分で良く分かってるはずなのに・・・!(笑)

朝早かったのに起きれただけでも良しとしてバタバタと ε=ε=ε=ε=ε= スタタタタ・・・。゚.☆ ドロン♪
最近の寒さもあって、電車の中は暖房がかかってシートも暖かめ。
それに座って (〃 ̄)-~ポ- っと50分くらいかな? 良く意識が飛ばなかったものだと感心してました。

成長したなぁ~ (*´ -`)
昔は少しでも乗り物に乗ったらすぐコックリしていたのに ...( = =)シミジミ

本当に学生時代~社会人初期は少しの時間でもぼーっとするとすぐ寝ていたんです。
かなりムリな生活が祟っていたのは承知で、健康管理も疎かすぎ。
2日に1回寝るとか、毎日2時間睡眠とか。 逆に時間があると永遠に起きないとか。
生活リズムが狂いに狂って自分で制御できない(自律神経の働きとしてね)ほどだったんでしょうね。
年齢と言うよりも、自分自身だけの身体じゃないと認知してからは本当に考え方を改めました。

自分の命を授けてくれた人
自分の命を支えてくれている人
自分の命によって支えてあげられる人
自分の命によって生まれてくる人

人は何だかんだと関わりを持ちながら生きていますもんね。
自分だけのものじゃないと思うと、粗末にして悲しむ人がいると思うと
なかなか 何したって良いや~ヽ( ´ー`)ノ って思えなくなるんです。

会社の人たちは、仕事にムリがあって疲れていそうな人はいても
そうそう自分を粗末にしてまでムリしなきゃっ!!なんて人はいなさそうだけど
こうやってネットで関わってる人を見ると夜更かししたり、生活が不規則な人が多いですよね。
私も学生時代は夜更かし大好きっ子だったから、それをダメー!とは言わないけども
もしも、体調に異変がありそうとか、変な時間にすごい眠くなってしまうとか
通常の生活に支障がある状態なら身体を大事にしてくださいね。睡眠は大事!(`・ω・´)
永遠と寝てしまうのも、生活リズムがおかしくてダメですからね(笑)

周りにいつもON寝で寝てる人がいるから心配で(・ω・;A)
こういうことを言うことぐらいしか出来ないから(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

と言うわけで、昨日は帰宅して疲れていたのもあって12時にはぐっすりしてました。
今日は朝から喫茶コースで良い感じ♪ 爽やかな気分で迎えられる日曜日は大好きです。


昨日はそんな睡眠不足状態だったんですけどね
もう子供のパワーってすごい(笑)

会社のイベントは、あれは家族サービスも込めてるのかなぁ・・・ちょっと違う?
親子連れで会場に来られている方がすごい多くてびっくりしてました。
ちょっと辺鄙な場所で行っていたから、そんなに人が来るのかなぁ?と思っていたら
晴天もあってかすごい盛大で、広い会場のいたるところが賑やかになってました。

私の受け持ったのはゲームコーナーで子供も大人も遊べて、点数によっては賞金も出ちゃう!
パーフェクトが商品券で、0点~お菓子を配っていたんですけど
子供が次から次に 「やる~やる~~~!!」 って並ばない並ばない(笑)
受付をした順番にゲームをしていたんだけど、並んでる間に他のゲームをしてきたりと
同じゲームもパーフェクトが出るまで何回も何十回も挑戦する子もいたりして。

元気だなぁ~(・∀・;) って見てるだけで圧倒されながらも、その元気さが羨ましくもあり
自分の子供時代を思い返しては懐かしんだりしてました。

お母さんとお父さんに連れられて 「○○ちゃんやってみる?」 と言われモジモジしながら名前を言う子
上手く出来なくて0点で終わりそうになって途中でご両親に泣きついてる子
1点取れたのをすごい喜んで 「ヤターッ!」 ってガッツポーズをしてる幼児の子とか。

もう見てるだけで癒される ε-(*´ω`*)

大人の方もたくさん参加されていて、お父さんもお母さんも子供みたいにはしゃいでいて
あんな風にいつまでも子供と一緒に遊べる親って良いなぁ~って見たりしていました。

ゲームは朝から夕方まであったんだけど
子供って本当にすごいんです。(褒めてるのか、褒めてないのかはお気になさらず・・・)
お昼休憩時間がどのコーナーにも設けられていたのに

「やっていい?いい??」 って休憩を与えてくれない!
次第には、誰もスタッフがいなくても永遠と遊んでる・・・(笑)

スタッフは交代要員もなく、朝から夕方までずーっと同じメンバーで対応しているだけに
お昼を食べる時間を少し取りつつ休憩を兼ねていたんだけど
後はずっと立ちっぱなしで、元気な子供たちを楽しませるために動き回ってる状態。

一緒に同じコーナーを受け持っていたスタッフの方々は知らない人たちなんだけど
私と同じで、たぶん会社からその日空いてる?と急にボランティアを頼まれたんだと思うんです。
なのに、少しも嫌な顔もせず、だるそうにもせず、疲れた様子も見せず
どんなわがままな人を相手にしても 「一緒に遊んでる」 みたいな楽しそうな姿
ゲームに参加された方々も気分良く楽しめたでしょうけど、一緒に働いていた私も楽しかったです。

私が所属している職場では、仕事できそうな人たちが真面目な雰囲気でバリバリと働いているんです。
この日一緒にスタッフをした方々は若い方が中心で、言い方が悪いとちょっとふざけそうな?様子。
あまりこういう方は私の職場にはいなくて、大学時代を思い出すような懐かしさがありました。
私も十分馴染んでましたよ??(笑) 一緒に笑いまくりでした。

そんな人たちが、周りの人たちと一緒に 「楽しい時間」 を作り出している。
仕事をバリバリするのもすごいことだし、世の中のためになるし、大事なことなんだけど
それでもね、人の気持ちを嬉しくさせる働きのできる人と言うのは見ていて気分の良いものです。

普段真面目に仕事をこなして疲れた顔ばかりしている人は
たまにはね、自分の好きなこと、元気良く取り組めるものを楽しくやってみると
若い頃の情熱と言うか、頑張ることの楽しさを思い出せて、日々の生活も楽しくなるかもです♪

夕方までノンストップで元気な子供たちと、家族との触れ合いに走り回り。
寝不足で途中ダウンするかなぁ~とも思っていたんですけど
周りの人たちに元気をもらえたみたいです。

終わった時は、疲れたぁ~~~・・・とぐったりでしたが
良い気分の疲れでした。

日々の疲れを癒す土曜がつぶれてどうなることかと心配もしていましたが
本当に楽しかったです!!! ありがとうございました^^



また別の日、先週だったかな?に、所属しているグループで歓送迎会があって
数ヶ月ご一緒した技術的に尊敬している方が異動して行ったんです。
どんな難題な要求にも対応するその発想力、創造力と、それを実現できる技術力は本当にすごい。

私もものづくりの会社に勤め、「新しいモノを生み出す力のない人はいらない」 とされる技術職です。
「与えられたことを人より要領良くこなすこと」 が求められているわけじゃないだけに
難しいことも多く、悩んだり凹んだり、日々自分との戦いです。
でも、本当に遣り甲斐のある仕事だと思っています。
私の好きな分野かと言ったら、素直に言うと違うんですけど(笑)
あれもこれも好きな欲張りなんです。

でもね、この仕事は、満足にこなせていない今でもこう思います。
「波に乗ったら、すごい楽しい仕事になる。」

どの仕事でもきっと同じでしょうね。
出来るようになれば、そこから広がる世界が見れるようになれば楽しいんです。
そこまでが大変。

その大変な時に、マイナスなことばかり考えて、キツイ、ツライ、辞めたい。そう思うか
または、いつかの自分の羽ばたいている姿を想像しながら・・・って、これが出来ないから厳しい(笑)
そうなんだけど! ツライ時期も前を向いて頑張って行けるかですよね。

頑張りたいなぁ~。('-'。)(。'-')。ワクワク☆

あまり出世とか考えるほうではなかったんですけど
その 「出世」 や 「評価」 が、「会社への貢献度」 を示すのであれば
自己満足の指標として良いものを目指したいなと、最近思うようになりました。
給料云々じゃなくて、遣り甲斐の問題としてね。

そういう意味でも、仕事のできる上司を見てると本当にすごいなと感心するんです。
その方々が、プライベートでご家族を大事になさってる姿を知るとまた嬉しくなるし。
あれもこれも欲張るのは大変で、どこか疎かになって、大事なものを見失う危険性も伴うけど
自分を支えてくれている人のためにも、何か頑張りたくなるんですよね。
応援してもらってパワーもらいまくりですから。

異動されるその方とは宴の席だけど色んな良い話をたくさん聞かせていただきました。
私もいつか、そんな憧れるくらいの仕事をしてみたいなぁ。


元気な姿って見てるだけで微笑ましくもあり、嬉しくもあり。
その元気な姿に、「楽しみながら頑張るぞー!」 と思わせられるエネルギー。
エネルギーが補充できたところで、私もまだまだ頑張るヽ(・∀・。)ノ ゾー゚+。
35/60

関連記事

お気軽にコメントをどうぞ^^

← 非公開はこちらをρ゙(・ω・*)ぽちっとな♪

TrackBackURL
→http://sakurasmile.blog60.fc2.com/tb.php/161-5e3f0a49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。