--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.13
こんばんは!

今日はちょこっと涼しめ、やや気持ち寒めかな?
それでもだいぶ暖かくなってきましたね。
朝はいつもの満員電車の中でコートと人の熱でぼせてました(・∀・;)

最近は年度末のまとめにバタバタとした日々が続いていますが
「忙しいから大変、忙しいから嫌だ」 とは違って
それに慣れて少し心地良さも感じている自分がいる気がする今日この頃。

良く 「忙しい忙しい~~」 とは言うものの、自分の周りの人たちの仕事っぷりを見たら
決して、「他の人より自分の仕事量が多い」 分けではないことに気付くんです。
「忙しい」 と言うのは、「これ以上何も頼まないで!」、「自分ってこんなに大変なのぉ~;」 と
アピールしているだけなのかも知れませんね(笑)

たくさんの仕事量をカッコ良くこなすキャリアマンになりたいものです。

そんなワタクシ。
会社では仕事と別に組合活動をしています。
「別に」 って言う言い方が適しているのかは不明なところですが
各職場の組合員さんたちの代表として、組合と会社側のやり取りに参加しているのです。

昨日、春闘の集中回答日を迎え、組合活動も少し落ち着きを見せて来ました。
今年の、2008年の春の取り組みは非常に感動のある春闘になりました。

「春闘」 って何?と言う方はこちら

これはちょっと情報が古いかも知れませんね。

組合と会社が 「たたかう(闘う)」 と書いてあるけれども
「自分たちの立場を考えて相手に意見を言う」 のは時代遅れな気がします。
それでは、企業の発展を本気では望めない。

ちなみに、会社とは会社側の人々の意味。課長さん以上かな?雇っている側のこと。
組合とは、組合員さんたちの組織団体の意味。会社に雇われている人たちの団体のことです。

春闘関連トピックス

これは、春闘関連のニュース(他にもカテゴリ別で色んなニュースがあってびっくり・・・!)を
ある個人の方が集めたものらしく、2000年から情報があります。

読んでも難しい文章に・・・(・・;)ン?? って感じかも知れませんが(笑)
内部の 「事情」 を知った状態でこれを読むとまた違った気持ちになるんです。

私も実際、組合活動で委員をするまでは
正直春闘ってなぁに?(´・ω・`)?って感じだったのだから
今も一平社員だったら、これほどまでに興味もなかったでしょうし
表面的な結果(賃上げなどの)だけに一喜一憂して終わりだったと思います。

でも、内面を知ると春闘は本当に奥が深い。
ニュースでは今日も~社が賃上げいくらだのと具体的な数字が書かれていますが
実際は(金額が)違っていたりもします。

春闘は、会社と組合の、ひとつの会社の中だけで収まるやり取りだけではなく
そこには、関連会社との関係や、自社の立場
そして、主力企業としての社会の景気を背負って立つ責務。

色んな状況を踏まえての、会社と組合の交渉(労使交渉)になるため
表面的なニュースなどに出る情報は、会社の世間的と言うより企業的立場によって作られた
情報操作も少し含まれているのかも知れません。

今日もニュースでは、「賃上げは、組合要求を下回った」 とたくさんあり
景気回復はまだまだ厳しいか?みたいな社会情勢を伝える記事になっていますが
単純な解釈は本当に恐ろしいなとつくづく思います。

組合要求より下回ったけれども、その事情は・・・!の部分まで伝えることが出来れば
結果がダメでした~、だけで終わらず、期待も込められるものになるのに(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

実際、2008年に入ってからは特に、円高、原油高、原材料費高騰などなど
あれもこれも値上がりして、消費者もきついけど、生産者もかなりきつい現状があります。
その中で各社の会社が組合員の要求に対して出した回答。

組合員の日頃の頑張りと、会社のこれからの発展を期待しての賃上げや一時金(ボーナス)額。
それが2008年の春闘の会社回答でした。

これはただ単に金額がいくら上がったから良い悪いでもなく
「金額」 の裏に秘められた会社と組合の想い。
そこまで読めると、春闘や組合、会社組織のあり方の見方も変わり面白くなります。

私もまだ組合の委員として活動して1年ちょっと。
2年前には組合って何それ??(・∀・;) 状態だったのに
組合員さんたちや会社のためを想い活動している姿や頑張りに感化され
こうやって、ひとつの結果を得たことに非常に感動するほどに変わりました。

ホント、今年の労使交渉はきつくて
良い結果が出た時に委員長を胴上げしたい気分だったんです。

.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪ってね。

良い結果とは言っても
ニュースでは 「要求を下回った」 って書かれているのですが(笑)
満足だもん(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

周りが頑張っている姿を見ると
自分も自然にその輪に加わって頑張ってしまいますね。

始めは遠くから眺めていただけの活動が
こんなにも近いものに、こんなにも楽しいものになるなんて。


普段仕事と言う本業に追われる毎日で
確かに精神的にきつい部分も、時間がないのもあるのですが
そういうのと別でね
自由時間を失っても、頑張って良かったと思える活動に参加出来ているのは
頑張った人たちの満足できる結果を得て嬉しそうな姿をそばで見られ、一緒に喜べるのは
非常に充実した気分を得られ心地良いものです。

それに、従業員が何万人もいる中のただの一社員が
社長や役員さんたちや、議員さんたちと交流が持てるのもまた役得。
非常に良い経験をたくさんさせてもらっています。

今年の春闘は、賃金的な結果云々ではなく
会社も組合も、「相手の立場を考えお互いのためを考えて意見を交換し合い回答を見つける」 姿が
例年になく見られた年になりました。

話し合い、お互いのために良い結論を導く。

会社と組合にも、そして普段の人間関係においても
お互いの関係を良くする重要なポイントですよね。
関連記事

お気軽にコメントをどうぞ^^

← 非公開はこちらをρ゙(・ω・*)ぽちっとな♪

TrackBackURL
→http://sakurasmile.blog60.fc2.com/tb.php/192-2f5e06aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。