--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.15
昨日はホワイトデーでした。
先月のバレンタインに贈ったチョコレートのお返しを頂いたのですが
「物」 より 「気持ち」 のお返しが嬉しいなと改めて感じました。

普段、感謝の気持ちを分かりやすく表現するのが難しい中で
バレンタインデーは、形として明確に伝えられる、恥ずかしさも隠れる嬉しい1日。
毎年恒例行事のようになってお返しをするのも大変(´_`。) と思われる方もいるかも知れませんが
その贈り物を選んでいる時間、何をあげようかな、と考えてくれる時間に感謝をしても良いのかも。

今日は、そんな話を父としていたんです。

「何で義理に返さなきゃいけないの」 と言う父の考えに
「物」 ではなく、「気持ち」 に返してあげればお互い嬉しいじゃない(笑)
なんて言ったりしていましたが

もう、そこは個人の考え方の違いなんでしょうね。
父曰く、義理に返すのは大変だし、お返しを期待した義理チョコなんて嫌だと言うのですが
それは普段の人間関係で分かることではないのかな、と思うのですがどうなんでしょう。

少なくとも私の周りには
あの人お返しくれそうだから贈っとこ☆ なんて人はいません(笑)

何かをする時に損得勘定をしてはすごいもったいないと思うんです。
ちょっとしたことで相手の人が喜んでくれるのを嬉しく思える。
そしてまた自分も悩み苦しんでる時に少しでも気にかけてもらえればすごく嬉しいです。
普段の人付き合いって本当に大切で、自分を支えてくれる大事なものです。

そう言う意味でも、そこに相手の気持ちを感じないなら返さなくても良いのかも?
私もホントの意味での 「義理」 の贈り合いは好きじゃないです(笑)

※ 義理
1.物事の正しい筋道。また、人として守るべき正しい道。道理。すじ。「―を通す」「―にはずれた行為」
2.社会生活を営む上で、立場上、また道義として、他人に対して務めたり報いたりしなければならないこと。
  道義。「―が悪い」「君に礼を言われる―はない」「―をわきまえる」
3.つきあい上しかたなしにする行為。「―で参加する」


「本命」 と分けて 「義理」 が使われて来たのでしょうけど
「好意」 を感じられる言葉ではないですよね。
実際に、「仕方なしに~」 と言う人は最近では少ないと思うのですが。

「あげようと思わない人にはあげない!」 とキッパリしてるような気がします(笑)
今年は 「世話チョコ」 などの新しい言葉も使われて、良い傾向でしたよね♪



そして、この後に自分の戒め?のために書こうと思っていた記事があったんですけど
あまりに暗くなりすぎたので辞めました(笑)
記録としてちょこっとだけ。

ホワイトデーだったこの日、
いつもかなぁ・・・
何かイベント事があると彼ともめてしまう。

喧嘩ってほどでもないし
口論ってほどでもないんだけど

お互いの環境や事情、心理によって
現在の状況や将来の不安をぶつけてしまうことがあるんです。

結婚する友達がいたり、彼と別れたって友達がいたり、仕事を変えたって友達がいたり。
特に周りがどうだからと焦ることもなくなったけれど
転機と、時期?を考えてはどんな道を歩いていけば良いのか迷ってしまう。


この日も、仕事が終わらなくて帰る時間が遅くなってしまったんだけど
大雨が少し小降りになったのをちょっと嬉しく思いながら
快速に時間が合わずに普通電車に乗って帰って来たんです。

いつもなら座れない席が空いてて
大きな息を吐きながら席に腰をかけてました。

あぁ~・・・疲れたぁ・・・。

ため息ではないんだけれども
いつからか一息つける時に大きな深呼吸?をする癖がついちゃいました。
疲れたぁ、、と言うのも気を抜くと口から出ている言葉。

それじゃいかんいかん!(・・*))((*・・) と思うんだけれども
身体は正直でいけません(笑)

そんな毎日を送っていると
将来への期待?仕事としての昇格はいつかはあるかも知れないけれど
女性として、あったかい家庭を支える楽しみ
疲れた旦那さんを美味しい食事で迎えてあげる理想が
夢見ることさえも出来ない現実を感じてしまうんです。

彼には違う女性のほうが良いかも。
ただ一緒にいるのとは違って同じ家庭に入ることを考えると
自分じゃ満足に期待に応えられる自信がないのが事実。
金銭面じゃなくてね。

だからこそ、仕事が出来て家庭も大事にしている人には憧れてやまないわけです。


いつも私がどんなに仕事に疲れて帰ってきても支えてくれる彼。
たぶん、かな~りムリをさせてるんだと思うんです。
彼の要求を応える余裕のなさそうな私には彼はきっとムリには何も言ってこない。

我慢させてる
期待に応えられない
彼のためになっていない

私もツライけど
彼はもっとツライはず。

それでもいつも私を応援して支えてくれてる。
笑ってくれてる。

感謝しっぱなしです。

私もいつか彼を支えられるくらいに
暖かく包んであげられるように精進するから
もう少し頑張るのを見守っててね。
関連記事

お気軽にコメントをどうぞ^^

← 非公開はこちらをρ゙(・ω・*)ぽちっとな♪

TrackBackURL
→http://sakurasmile.blog60.fc2.com/tb.php/194-d9b73798
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。