--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.17
桜がきれいに咲いたなぁ~と見ていたのも束の間
大雨に降られて春らしさが一掃された今日この頃。

新入社員の姿もどこかで研修をやっているかで見なくなり
変わりに、入社試験を受ける学生たちの姿を見るようになりました。

数日前、お客様用お手洗いを借りた時
着慣れないスーツに身を包んだ若い女の子が
面接かグループディスカッションの準備のためか、一生懸命会社の資料を眺めていたんです。

真面目だなぁ~・・・。

今思うと、そのくらいの心と頭の準備をするのが当たり前なんでしょうね。
私は流れに乗るかのようにトントンと、今の時期には内定を頂いて苦労をしていなかったので
入社してから周りと競るように仕事をするという気持ちになれなかったのかも知れません。

そのツケが今来てるわけですけど(・∀・;)


自分でも今が成長の時期だと分かりながらも
頑張るのは楽しくもあり、大変でもあり。

気持ちの揺れに追従して、頑張る気持ちも大きく揺れます。
つい昨日ウキウキだったのに、今日は何でこんなにも沈んでるんだろうと不思議なほどに。

頑張るヽ(・∀・。)ノ ゾー゚+。

頑張らなきゃ(´;ω;`)ウゥゥ

そんなに違うことをしているわけではないのに
ちょっとの差がすごく大きな差になります。


最近、週末にリフレッシュをして月曜日・火曜日と飛ばしすぎるからか
月曜日、火曜日とただ家に帰っては寝るだけの日々。

仕事をして疲れたから寝る。確かに疲れは取れるんですけど
それしかしていないと、何のために仕事を頑張っているのかを見失いそうになります。
それでも、寝ないと最悪なことになるので寝て良かったなぁと思うんですけど(笑)

水曜日には力尽きて少し早めの帰宅。
とは言っても、満足に好きなことが出来るほどの時間はなく
心を休ませるようにぼーっとすることが出来る程度。

でも、そんな些細な時間が本当に大切だと思える嬉しさがあるんです。


帰宅した時に家に明かりがある。
家に帰った時には、おかえり、と言ってもらえる。


学生時代は当たり前のように誰もいない建物に鍵を開けて電気を点けて。
その日1日頑張ったなぁ・・・と ε('∞'*)フゥー・・・ と息を吐くのが普通で
誰かが待ってるから早く帰ろう! なんて関係のない世界で生活をしていました。

最近、帰宅が遅いのもあり
以前のように、今日は遅いのね。なんて声もかけてもらえなくなりました。

遅いけど大丈夫?

心配を掛けるのは悪いなと思いながらも
心配してもらえる嬉しさがありました。

待たせるよりも待つほうがずっとずっとかつらい。
心配したり、気遣ったり、時間を潰したり、帰ってきたときの準備をしたり

それでも待ってくれる人へは感謝しまくりですよね。

おかえり。
良く頑張ったね。
いつもお疲れさま。

遅くに帰ってただ横になりたい気持ちを楽に癒してくれる言霊。
また頑張ろう。そう思える元気をくれる言葉。

「ただいま」 と言える場所や相手があるのは幸せですね。



今日、大学時代の友達が連絡をくれたんです。
3月に仕事を辞めたこと、今度結婚することが決まったこと。

仕事を辞めた理由は結婚ではなくて
彼女の体調の問題。

子宮に筋腫やポリープや内膜症などなど・・・
たくさんの病気があることが分かったみたいなんです。

幸いにもまだ子供を産める身体であることが彼女の救いになっているようで
そのために、ムリをしないこと、そして一緒に歩いてきた彼との結婚に決意をしたとのことでした。

彼女も私の家と同じく、両親の不仲にずっと悩んできた人で
離婚して離れてしまえばどれほど楽に幸せになれただろうと自分の親を思ったりもするほど。
幸せな家庭って何だろう、と身近に奥深い問題を見続けて来ると
なかなか決心が出来ないものだったりもするんです。

今の世の中、結婚が少ないのもあるんでしょうけど
離婚が多いのも問題視されていますよね。

自分勝手に離婚をする親がクローズアップされる中にも
子供が犠牲になることは避けたいと願う親
子供だけは自分で守りたいと願う親がたくさんいます。
そのほうが普通なのかも。

自分の人生を犠牲にしてでも、
守りたいもののために捧げている人も多い
人情味のある世の中だと思っています。

それだけに、本当に難しいなと思うこともたくさんあります。


彼女は真面目な人で
すごく大変な仕事を楽しんでやっていたみたいです。
ただ、頑張りすぎてしまったのが、今の病気にもつながったんでしょうね。

女性で一度人生を挫折?して・・・方向転換して、って言った方が良いのかな
人生をやり直したことのある人の話を聞くと

皆さん現在成功されていることは共通しているのですが
昔やっていた仕事で頑張りすぎて体調を崩した、と言うのも共通した話題。

それからムリをしすぎないこと
自分を労わることも大事にしているとおっしゃっていました。
それありきの今の生き生きしたお姿があるんでしょう。

彼女にも、同じように自分を大切にしながら
新しい家族や家庭をあたたかく包みながら
いつまでも元気に楽しく頑張って欲しいなと願っています。

家庭の難しさを知っている彼女だからこそ築ける関係もきっとありますよね。
関連記事

お気軽にコメントをどうぞ^^

← 非公開はこちらをρ゙(・ω・*)ぽちっとな♪

TrackBackURL
→http://sakurasmile.blog60.fc2.com/tb.php/207-2f48e078
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。