--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.24
今日の午前中はすっごく天気が良くて暑い日になるんだろうなぁ~って思いながら
仕事の疲れを忘れたいかのようにお出かけや大掃除に気分転換。

午後からは雨が降ってきて、締め切った窓に部屋の外も中もどんより。
こんな気分でブログを書くのもどうかと思いながらも
平日は気力を保つのが精一杯で仕事と家の往復オンリーだったものだから少しは、ね。

帰っては寝る、そして行く。

何のために頑張ってるんだろうなぁ~と自分の将来が少し不安になる時間。
最近新聞やらテレビが新しい情報目当てで取っ付いてくるけど
私はそれに関して自分で自慢出来るほど大したことが出来ていない。

上司さんは 良くやってるよ と言ってくれるけど
自分では情けないほどに成し遂げている感があまりになさすぎる。
先を見すぎて、大きなものを見すぎて、不安ばかりが大きくなる自分の生き方と同じ。

午前中はリラックスしてまた頑張ろう、と思っていたけど
今は何かしら気力が起きずパソコンのボタンをクリックするだけの単純作業が落ち着く。
平日にあまりにも気分転換が出来なかったせいもあるのかも知れない。

先日テレビを見ていたら
日本人の15人に1人は鬱になると言う。
昔聞いた話では、鬱はがんばり屋さんがなるものだという。
頑張って頑張って自分を追い込んでしまうのかな。

鬱は時間が治してくれる。
そこには家族の暖かい愛情が必要だとも。

鬱の人を相手にする家族は本当に大変らしい。
本人には本人の事情があるだろうけど、と愚痴を言いたくなってしまうのも仕方のない話。
それでもどんな状況でも傍にいてくれるその愛情が何よりの薬。

15人に1人。
これは本当に大きな数字。
そこには愛情に飢えた現在を生きる人々の姿があるのかも知れない。

今、仕事をしていて悩むのが
自分が母になった時の家庭の姿。

私の会社では結婚したからと、出産したからと会社を辞める人は少ない。
どちらかと言えば、仕事に生きる人は結婚はしても子供を持たない人も少なくない。
30代を超えても結婚をしていない女性もたくさんいる。

そんな環境で自分はどれほどの愛情を家族に与えられるのだろう、と。


昨日は母の誕生日。
私と弟を精一杯の愛情で育て支えてくれた母の。

昨日は早く帰れたから、イベント時くらいは家族団らんが出来たら良いなと
イチゴがたくさんのった美味しそうなホールのケーキを買って帰った。
みんな美味しいって思ってくれると良いな。
それが、ケーキを買う時の楽しみ。

いつもケーキを買うのは名駅(名古屋駅)の高島屋地下のごちそう館。
たくさんのお店と種類があって見てるだけでも嬉しい気分になれるところが好き。
閉店時間が8時(9時?)と早めだから、その日は仕事を早めに終わらせて帰らなきゃならないけど。

父は月曜まで旅行でいないらしい。
キッチンのテーブルに貼ってあったメモで昨日初めて知った。


昨日の母の誕生日は
変な言い方をすれば、私と弟はすごい気を遣っていた。
母が喜ぶ時間にしてあげよう。

誕生日プレゼントは、母が喜んでくれるものを。
弟と2人で遠くまで買いに出かけたもの。

父がいないこともあり、その日は3人で外食に出かけた。
ケーキは次の日に持ち越しに。
誕生日気分だけでもとケーキを見てもらったときの美味しそうと嬉しそうな顔にはほっとした。


母は転職の多い人で
状況に、環境に応じて仕事を変える人。
どんな仕事についても中途半端ではなくていつも社長から頼りにされる存在に。
だいたい5年くらいで変わるどの仕事も、入社時から退社時には大きな変化をもたらしている。
決して給料が多いわけではないけど、楽しそうに仕事をしている姿は好き。

そんな姿を見ていると
それこそが母親の姿なんだろうな、と最近特に良く思う。
子供の成長に合わせ自分の環境を変え時間を作る。
傍にいてくれる、頼りにできる、支え叱ってくれる、笑いかけてくれる。
そんな愛情が子供を育てる。

ある雑誌でこんな言葉を見たことがあるんです。

「おじさん、また来てね。」

たまに早く帰宅した父親が自分の子供に言われた言葉。

私も今の生活を思うと、こういう生活を送っている人は少なくないと思う。
私の周りの人たちはいつも遅い。
サラリーマン。帰って帰宅する頃に家の電気は点いていない。
冷えた晩御飯をひとりで食べてお風呂に入って寝る。
そして、朝早く家を出る。

そんな家庭でも子供は育つ。
愛情を持って育てている人がいるから。


人でも、動物でも、植物でも。
愛情を持って育てるとすくすくと育つ。反応良く。

その愛情には、少なからず自己犠牲を含む。
本人がどう思っているかは別にして、相手に尽くす気持ちで生まれる行動。

母の私たち姉弟への自己犠牲は
この家にいること。

ギリギリの精神で頑張ってくれているのを知っている。
愛に溢れた母が、愛情に包まれないのが許せないに近い感情がある。

最近の私は またきてね のおじさんと同じ。
平日は母と過ごす時間はほぼなく、自分のいない時間の家が気になけど何も出来ていない。
そんな状況で頑張る仕事の意味が見出せないでいる。

社会人になって、往復3時間かけても自宅から通うのは
少しでも母の傍にいてあげたいから。

土日だってそう何時間も一緒にいるわけじゃない。
お互い好きなことをして出かけたりもする。

でも、ちょっとした会話のやり取りから母の笑顔を見るだけでも嬉しくなる。

支えているようで、まだまだ支えられている母との関係。
私はもう少し母から愛情の与え方を学びたい。


ひとりでいると沈んでばかりな時間も
傍にいてくれる人の気持ちで救われますね。

今日はふらっと訪問してみたブログ訪問者さんのところで流れていた音楽を聴いて癒されてます。
MOTHERって言うゲームの音楽なんだけど、懐かしさなのか、音楽のテンポなのか
今の私には心地良いです。
関連記事

お気軽にコメントをどうぞ^^

← 非公開はこちらをρ゙(・ω・*)ぽちっとな♪

TrackBackURL
→http://sakurasmile.blog60.fc2.com/tb.php/259-78b77c0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。