--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.04
今日も思想。
何も考えず頭を空っぽにしてぼーっとすることが少しもなくて
いつもいつも色んなことを考えてしまうんです。
頭が疲れてる時くらいゆっくり休みたいと思うのに、頭が考えるのを止めてくれない。
意に反してぐるぐるしすぎる時には ウリャーッ!!ヾ(*`´)ノ)))≡( ^ω^) って投げたくなるほどに(笑)

その度にブログにこれ書こう、あれ書こう、なんて
記事のネタ探しをしてるつもりじゃないんだけど
これぱ+.ヽ(・∀・)ノ゚+. イイジャナーイ??って思うことがあると記録に残したくなる。
そして、誰かに伝えたくなってしまうんですよね。
同じように悩んでる人がいたら少しでもヒントになりますように。って。

考えるのに疲れた時には景色を見たり、何かを読んだり。
外から情報が入ってくると中で情報を生み出さなくて済むみたい。
なんて言っておきながら、得る情報から色んなことを想ったり考えたりしてるんだけど。


今日考えてたのは
人ってでこぼこした物体なのかな~って。

でこぼこしてるから上手く歩けなくて
行きたいところにまっすぐ進めなくて

本当は初めはみんな不器用さん。

でもね、
色んな経験をしていくと
色んなことに出会っていくと

そのでこぼこが刺激に触れて角が落ちていくの。
丸くなったのか、擦れたのかは分からないんだけど。

はじめは何も知らなくて
見るもの触れるもの聞くものすべてが新鮮で
どんな小さなことにも喜怒哀楽を感じる。

それは、喜怒哀楽を感じられる自分だから。
でこぼこした部分が刺激にぶつかって反応するから。

大きく喜んで
大きく哀しめる。

経験が豊かになると
出来なかったことが出来るようになって少しは器用になれる。

たくさんの刺激がでこぼこをなだらかにして
歩きたい方向へ歩ける自分になるからかも知れない。


そう考えたとき
不器用って悪いことなのかな?とふと思う。

出来ないことがあるのは当たり前。
だって、でこぼこした部分が全部丸くなったわけではないんだから。
出来ることもあるのに、出来ないことが気になるのは人間の性なのかも知れない。

そんな時に自分を責めるのはあまりに自分が可哀想だ。

刺激を受ければかならずでこぼこの角は丸くなる。
角がまったくなくなってしまう人もいれば、ゆっくり小さくなる人もいるけど
でこぼこしてるってことは、まだまだ刺激を感じられると言うこと。

辛いこともあるかも知れないけど
嬉しいこと、楽しいこともいっぱいある。
その刺激を感じられることは、幸せなことだと思う。


最近友達の苦しそうな姿を見て思ったのは
一人で抱え込まなくて良いんだよ、と言うこと。

言えば楽になることがたくさんある。
言うことは、相手に負のエネルギーを与えることにはならない。

不思議なことに
負のエネルギーは共有すると小さくなって
正のエネルギーは共有すると大きくなるんだよね。不思議でしょ?

だからいっぱいいっぱい共有したら良い。
周りのみんなもいっぱい共有したいと望んでいるんだから。


自分自身の過去を見てみても
辛かった時期を思い返すとどんなことも小さなことに思えてしまう。
あれ以上に苦しいことがあるのだろうか、と思うような経験が
自分のでこぼこを一気に丸くしてくれたもんだから
よっぽどのことがない限り似たようなことでは苦しみを感じないのではないかとさえ思う。

でこぼこがあるのは
不器用なのではなくて
まだまだたくさん刺激を受けられる証。

そんな自分のでこぼこを愛してあげられるようになると良いよね。

まったくでこぼこがなくてつるんとしてる人は
自分が行きたいところへ歩いて行けると言うよりは
押されたら止まることも出来ずに進むことしか出来なそうな気さえする。

でこぼこがあるのは、自分で歩けるため。
ふらふらとあっちこっちと寄り道をしながら、自分が好きなことを探して行けば良いんじゃないかな。
関連記事

お気軽にコメントをどうぞ^^

← 非公開はこちらをρ゙(・ω・*)ぽちっとな♪

TrackBackURL
→http://sakurasmile.blog60.fc2.com/tb.php/262-ffaa0463
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。