--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.12.26
雨は夜更け過ぎに~、雪へと変わるだろぅ~♪



そんな小田和正さんの詩が聞こえて来そうな今日の天気。
帰宅する時には小雨が降っていて

あ、雨だぁ・・・

と思うには
あまりに強風すぎた(笑)

寒いぃいいー!って叫んでしまうような
冷たい風。そして雨。

だから、もしかしたら明日は外を見れば世界が白いかも??
と、期待してみたんだけど、明日は晴れのようです☆

でも、北海道をはじめ日本海側は雪だね。
積雪すごいのかなぁ~。
北海道なんて、最高気温でさえマイナスだもんねぇ。
一日中マイナス。すご過ぎる。

でも、北海道は住めば他の土地より過ごしやすいとも聞きます。
暖房はしっかりしてるし、道路の除雪等もしっかりできてるらしいから。
実際はどうなんだろう。北海道に住んでる人にしか分からないね。

北海道も広いから、札幌のような市街地と、
広い平野みたいなところではまた違うんだろうなーと思う。

私が北海道へ行ったのは3回。
高校時代の受験での一人旅と、高校の友達との卒業旅行と、大学時代の学会。
大学の卒業旅行は沖縄だったから、両極端な旅行だったんだなーって今更気付いたり。

んー・・・
デジカメの消えた写真よカムバーっク!(´;ェ;`)ウゥ・・・

景色がキレイだったのー。
写真撮るのが大好きで、景色がキレイなところはすっごく惹かれる。
北海道も、沖縄もどっちも大好き。
景色で言うなら、北海道はネオンのきらびやかさ、
沖縄は海のエメラルドグリーンと空と雲と砂浜の白が思い出。

北海道は建物が可愛い。雪に映えるような色とりどりの住宅と
京都のような分かりやすい道路構造な地形。
そして、何より魚介類が美味しい!(そして安い♪)

魚介類と書いておきながら
貝類の苦手な私(〃∇〃;)ヾホホ…
ホタテは好きだけど☆

いくらどんぶりが忘れられない。
白いご飯にいくらと鮭が贅沢にこんもり乗った親子どんぶり。
普通の?居酒屋風のお店だったんだけど(あれれ?一人で入ったっけ??(笑))
とにかくボリュームの割りにすっごくお値段がお得なの。
いくらだっけ・・500円くらい?もっと高いっけ。

あんなの家の近くで食べようと思えば1500円は超えてしまう。
こっちのお店は魚介類高過ぎ。
頼んでも量が少しだったり、味が微妙だったり。
新鮮で満足な美味しいものになかなか出会えないのも頼みにくいところ。

最近は円安で海外旅行がお得かも知れないけど
日本にもたくさーん素敵な場所があるの。
また旅行行きたいな~♪

でも、海外のひろーい世界の中にいる開放感は爽快かも。
あれは日本じゃなかなか味わえないもんね。

海外ならヨーロッパかなぁ~。
建物の壮大さと自然の美しさに感動したい。

私はなぜ景色(自然や建造物)やネオンなどの光にこんなにも惹かれるんでしょうね。
そこに何を見ているんだろう。自分自身の何か?それともその土地や景色の歴史?
何かを感じるから惹かれるんだろうね、きっと。

進みたかったもうひとつの道
都市環境作り。
それも惹かれる理由と何か関係ありそう。
いつかその理由と出会える日が来るのかな?



昨日、あるニュースを聞いてすごくびっくりしてしまいました。
え、嘘!?ホントなの?と疑いたくなるような。

飯島愛さんの訃報。

病死なのか理由は不明だけど
彼女自身に死ぬ気はまだなかったと言います。
本当のところは本人にしか分からないのだけれども、
私もそう思う。

周りの人からも本人としても
とっても残念な死だったんだと思う。

とても素直な生き方をする人。

実際は悩みも多く、迷っては不安になることもたくさんあったかも知れないけど
そう見せることで、本当に多くの人へ与えた勇気は計り知れない。
物事をハッキリは言うけど、それが嫌われるわけではない。
彼女の誠意と優しさと本気がこもった言葉だったからなのかな。
そんな生き方が出来るってすごいよね。

その姿に憧れる人は多い。

素直に生きるって
意外に難しいの。

ありのままでいいじゃん って簡単には言えるけど
それが本当に難しい。

人付き合い、礼儀、マナー、気遣い、遠慮、配慮、社交性、・・・
色々な外部との触れ合いの中で、自分を 「人に見せるための自分」 に変えてる。
頑張って変えている人もいれば、知らず知らずのうちに変わっている人も。

周りの人に合わせること

それで、失われた自分らしさを保ちながら生きるって難しいと思うの。私は。
このブログだってそう。

はじめは何も知らなくて
書くのが楽しくて、好きなことを書いてた。

でも、それを続けていくと
自分の言葉で傷付く人がいることを知って
何かがルール違反だというのも知って

それをしないように、しないように、と気をつけて行くと
どこまでが許容範囲なのか分からなくなるんだよね。
タブーを犯さないように自分を殻に閉じ込める。

ホントはね、人と付き合いながら
ダメだったことを反省してしないようにする!と
前向きに 「ごめんなさい」 を繰り返しながら自分を変えていけると良いんだけど
どうも、こう・・・、1回も許されないような空気がない?

過ちを犯したら許されない、みたいな。

間違ったことをしたら注意してくれれば良いのに
みんな何も言わない。それが礼儀なのかも知れないけど。

そうやって、前向きに変わって行けないんだよね。
だから自分で気付くしかなくて、その配慮をどこで見につければ良いのか分からなくて
人づきあいが苦手な人もたくさんいるんじゃないかと思う。
私も、ちょっとそんなところがある。

私は苦手ではないんんだけど
特に自分から積極的にーと言うのはないかな。

自分の好きな人たちが、楽しそうにしてくれてたらそれだけで満足☆

って本気で思っちゃうもんだから
そこへ入っていこうとはしない。

新しい場所を見つけ、新しく楽しめる場所を探す。
だからと言って、それまでの人たちと関係を切るわけでもないから、
いつまでも関係の続く人は続くし。みたいなね。
なんて消極的(笑)

まぁ、でもそんな生き方も好きでね
人付き合いって、結局のところお互いに引き合わないと、で
私も連絡を取りたいと思う人には声を掛けるし
それが何年も会ってない人であっても。

元気な様子を知れると嬉しいもんね。
私も元気をもらえる。
好きな人たちが楽しそうな姿は喜びだよ。


したいように、やりたいように。
そうやって自分の生きたい道を人のせいにせず歩いていける姿には
憧れてたんです。素敵だなーって。

去年芸能界引退の時にも色々な番組で挨拶してるのを見てました。
その時は体調不良を治したいとのことだったかな?
子供が欲しいって言ってたかな・・?忘れちゃったけど

女性として精一杯生きようとしてる決意みたいなものをすごく感じてたんです。
だからすごく応援する気持ちを持ってたし、
自分自身に対しても頑張れーみたいな気持ちをもらってました。

今回の訃報を聞いて、久しぶりに見た彼女のブログには
昨日の時点で3000だったコメントが今日は20000を超えてました。

多くの人が彼女から勇気や元気や
素直に優しく生きる気持ちをもらっていたんだと思う。

ありがとう、って。

もちろん、彼女が表舞台へ復帰して
大きなエネルギーを作り出すのを見れるにこしたことはなかったけど
彼女には、十分すぎるほど大きな 「生き方」 を見せてもらいました。

私にも、その他大勢の人たちの心にも
彼女の生き方、姿勢は生き続けています。

素敵な刺激に心から感謝を込めて
ありがとう、を贈りたいと思います。

「飯島愛のポルノ・ホスピタル Powered by アメブロ」

私ね、人のブログを見るのが好きなんです。
何に感動したり、感謝したり、喜怒哀楽を思うのかな、と。
そこにどんな素敵な体験があったんだろうーって。

そして、知らない人のブログを読むときには
まず、1回目の記事を見るんです。

どんな気持ちでブログを開設して書き始めたんだろうって。

なるべく素直に一人の女性として、感じた事を見栄を張らずに記します。
もう、30代ですもの、自信がついた反面不安も沢山あるから。


女性として。
そう記した彼女のブログは
本当に女性としての姿が描かれています。

こんな風に自分を出せるって素敵。
誰しも色々な悩みを抱えながら生きているけど
誰かの頑張っている姿や生き生きとした姿を見ると
悩みが小さく見えてしまうね。

大変さに甘えてる自分を情けないなーと思うと同時に
可能性を閉じ込めてる自分の生き方がダメ(もったいない?)だと思える、のかな。

頑張りたいことたくさん。
その先の未来も、これからだもん。
楽しみは自分の手で作っていかないとね。


早すぎる死にびっくりでした。
とても、素敵な生き様を見せていただき感謝しています。

ご冥福をお祈りします。
関連記事

お気軽にコメントをどうぞ^^

← 非公開はこちらをρ゙(・ω・*)ぽちっとな♪

TrackBackURL
→http://sakurasmile.blog60.fc2.com/tb.php/288-362d93fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。