--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.06
こんばんは。櫻です^^

12月に入り、思いっきりクリスマスイルミネーションの華やかさに心も明るくなりますね。
この画像は、名駅の 『 タワーズライツ ~いつかどこかで、誰かどこかで~ 』
名駅はいつも通勤で通り過ぎてしまうんですが、こうなると電車を降りて立ち寄りたくなります。



ネットで 『イルミネーション、スポット』 と検索すると、全国の華やかな場所を見ることが出来たり
正月までのキラキラな世界を思いっきり堪能したいなぁ~と思ってしまいます。

世界各国ではクリスマスモードのまま正月...((((*・ω・)ノ ゴーゴー♪な雰囲気があるところも多いのに
日本はいかにも正月!な雰囲気でクリスマスが終わってしまうと一気に変わりますよね。
その切り替えが春の桜の花みたいな 『今だけの特別』 を感じられて良いのかも知れません^^



さて、今日はクリスマスの話をしたかったのではなくて
ホントにこの話を書こうと思ってから何日経ったのかって感じですが・・・
さすがにこの話題に触れないのは、手紙をもらって返事を書かないくらいのスッキリしない気分。
メイポも楽しめてたくさん((φ(・ω・*)かきかき♪したいところですが、今日もまた語りです。

いつも色々考えるたびにブログで語りたいなぁ~なんて思うんですけど
気付いたら時間だけが経ち、色んなネタがブログに残らず頭の中に生まれては消えての繰り返し。
もったいない(,,-ω-)(-ω-,,)ネー。

ずっと書きたかったのは、タイトルにもあるように 『感性』 について。
感性と言う言葉はどれほどの人が自分の中に持っているものなのかは分からないですけど
私がすごく大切にしているものです。

大切にしてる~とは言っても、普段から気にしてるわけではなくて
ふっとした瞬間に、『(自分の)感性』 で 『(自分の)世界』 が創られている感覚があるんですよね。

『感性』 の言葉の意味は、辞書を引くとこうあります。
物事を心に深く感じ取る働き。感受性。外界からの刺激を受け止める感覚的能力。
ちなみに、『感受性』 とは外界の刺激や印象を感じ取ることができる働きのことです。

感性は人によって違って、どんな経験をしてきて、何を感じようとしているか
感じようとする心の働き(努力)によっても違うものになるけれども
『才能』 とでも言えるような、得ようと思って得られるものではない感覚的な能力だと思います。

例えば、同じものを見て違う印象を持つ、同じ経験をして違うことを思う。
これがまさに感性によるもの。

『同じ時間』、『同じ今』 を生きていても
その時間は幸せであったり、不幸せであったり
満たされていたり、満たされていなかったり。
違いますよね。

もちろん、同じ時間軸の今だとしても
経験していることが違うのだから違うものだと思われてしまうかも知れませんが
そこで大切なのは、『経験している内容』 ではなくて、『何を感じるか』 なんです。

例えば今が辛くて苦しい人。
その人がその今をどう受け止めているか。それがその人を大きく変えてくれるんです。
ポジティブとネガティブと言う考え方にあるように
受け止め方で、その辛さが変わり、苦労の度合いが変わる。

苦労は買ってでもしろと言われるように
大変な時間を過ごすほど、人は成長出来ると思うんですよね。
そうやって苦労を楽しんで行ける人になれるかどうかが
感性の違いによるものだとも思います。



・・・と、ここまでお難く感性について書いちゃいましたけど
私が今日 ((φ(・ω・*)かきかき♪ したかった感性はこういうことじゃなくてね
もっともっと前向きと言うか、世界を広げてくれると言うか・・・

辞書には 『感性=感受性』 と書かれているんですけど
本当の意味での感性ってそういうものじゃないと思うんです。

感受性は、物を感じる能力のこと。

↑で書いたように、どんな感じ方をするかで世界が変わって見えるんですけど
それだけじゃなくて、感性って・・・表現力も大切だと思うんですよね。

受け取るだけじゃなく、その受け取ったものを伝える、表現できる能力。


私がこうやって 『感性』 について書きたくなったのも
もうあれから10日以上も経つんですが・・・ある方とお話したからなんですよね。
気付いたら1時間もお話してました。

すごくお忙しそうな方なだなぁ~っていつも思って見ていただけに
いつ話にキリを付けようかな?と気にしていたんですけど
相手の方も色々ご自分の意見を言っていただけたので安心してお話させていただきました。

その相手とはこちらの方。

財前ゴウさん 関連記事 『新たな息吹』、 『動画修正』


いつもブログを楽しみに見させていただいてはいたんですけど特に関わりを持ったことはなくて
ちょうど使っていない装備があったのでそれをキッカケに少しお話したかっただけなんです。
基本的に思想をブログに込める方には興味があってその考え方に触れたくなりますからね^^

まさかこんなにも会話(語り?)に付き合っていただけるとは思っていなくて
すごく貴重なお時間を過ごさせていただきました。

その会話で財前さんが言ったんですよね。

『いい感性をお持ちですね』 って。

私ね、これを聞いて少し感動したんです。
褒められたからどうだって話ではなくて、『感性』 と言う言葉・・・そうそう会話に出てこないです。
普通、会話をするときって相手が話した内容に感想を言うか
それに対する意見を言うかなんですよね。
特に今回は初対面での対話。
相手がどんな人かも分からないだけに、何を言って良いのか手探りな状態。
そこにこの言葉が出てきたんです。

さすがだなぁ~って思いました。


この言葉を放った時の財前さんは・・・
私との会話から、私が見ている世界を感じたということなんですよ。
『1を聞き10を知る』 みたいな。んーちょっと違うかな?

たったこの一言で、普段財前さんがどういうことを気にしながら過ごしているかを感じられました。
思った通りの方だなぁ~と感じられたことが何より嬉しかったです。

そしてね、まぁ、ちょっと別の話になるんですが
私が財前さんの好きなところは
あの謙虚さなんです。

人を立てるのが上手い。
立てるというか・・・人の良いところを感じてそれを表現する。
記事の中で私のことを書いてくれてますけど
あれは、普段財前さんと関わってる方じゃないと本当の姿は見られないでしょうね。
彼に触れれば触れるほど、そのすごさを感じられるような気がしました。
ブログだけじゃ見えない姿がありますね。

感性と言う言葉につなげて言うなれば
その記事で書いていただいた私の姿は、財前さんが感じた姿なんです。
他の方と同じ会話をして同じような印象を受けていただけるかと言えば
どれほどの人がああいった感想になるんでしょう。

それが、彼(の感性)が見た私(の世界)。

そうやって彼の世界が創られて行く。
それを創っているのは紛れもなく彼自身であり
彼が色んなものから得た刺激を感じる力なんですよね。

そして、その得られたものを表現するのが彼の感性と言う才能。



動画見ましたけど、他の方はどんな印象を受けたんでしょうね^^
私がこの記事を書こうと思ってやめていたのも、これに関係しているんですけど
下手に私がああだこうだ言うより、自由に見て感じて欲しいなぁと。
見る人によって違うものになりそうだと思ったからあえて記事を遅らせました。

あれは
メイポを知らない方も、メイポをしている方も
そして、メイポをやめた方も楽しめるものだなぁ~って思ったのが一番の感想かな。
そして、何より 狩りは、そしてメイポは楽しいものだと教えてくれている のが良いなって。

あの動画は何の文字も表示されていないですけど
私のブログのお気に入りにリンクされている2つのフラッシュと同じくらい
色んなものを感じさせてくれます。


ちょっとメイポから離れて考えてみてくださいね。
このゲームは色んな人が遊んでいるから
もしかしたらメイポが人生の中で初めて経験したゲームなんて人もいるかも知れませんが
さすがに・・・ドラクエやFFなんかは経験していると思って話を進めると

RPG(ロールプレイングゲーム)って分かりますよね。
プレイヤーが操作できるキャラクター(主人公)がいて、キャラを育成してストーリーを進めるもの。
仲間との出会いがあったり、ダンジョンで宝物を見つけたり、迷路を脱出したり
強い敵と戦っては瀕死になって、薬も体力もない状態でどうやって街まで戻ろうか・・・って考えたり。

私は弟がいたのもあって、かなり色々遊んだんですよね。
 ・ ファイナルファンタジー
 ・ ドラゴンクエスト
 ・ ロマンシングサガ
 ・ サガフロンティア
 ・ ファイナルファンタジータクティクス
 ・ トレジャーハンターG
 ・ ファイアーエンブレム
 ・ 女神転生
 ・ 半熟英雄
 ・ マザー
 ・ 大貝獣物語
 ・
 ・

他にも色々です・・・きっと(・ω・;A)
もちろん、RPG以外にもテーブルゲームだったり、スポーツものだったり、アクションものも。
初めて遊んだのが 『ゼビウス』 そして、『影の伝説』 ・・・かなり古いです。
『エキサイトバイク』、 『迷宮組曲』 なんかも懐かしい(,,-ω-))))

すっごい楽しかったんですよね。
学生の頃なんて、試験週間で家に早く帰れるのが楽しみでしょうがなかった時もあったくらいです。

学生時代は部活で帰る時間も遅くて、補習なんかも厳しい学校で成績は残してましたけど
いつ遊んでたんだろう?って思うほど遊んでましたね・・・ホントに(笑)

この中でも一番遊んだであろう 『ドラゴンクエスト3』
発売当時は・・・1週間前くらいから並んでる人もいたとかでしたっけ?(大げさすぎ?)

今同じように遊んで楽しめるかは分からないですけど
当時、これを大作と呼ばずして何がRPGなんだろう?ってくらいの作品でした。
 
街から出て敵に初めて会った時のドキドキ感。
色んなキャラがいてどうやって攻撃しようかな?って考えて
魔法や技を新しく覚えて使ってもっともっと強い敵も倒せるようになるのが嬉しくて。
レベルが上がって攻撃力とHPやMPが上がるのが嬉しかったですね。

ドラクエもFFもそうですけど
敵と戦うには
フィールドと言われるマップをウロウロするんです。

敵が見えるところにいるわけじゃなくて
いつ会えるかなんて分からない。
30秒、1分ウロウロしても会えないときだってある。

そういう中敵に会えるのは嬉しかったりしたんです。
やっと出タ━ヽ(〃▽〃 )ノ━ン♪ みたいなね(笑)

だから敵に遭遇した時の音楽は、フィールドを歩いている時とも違って
緊迫感のあるミュージックがワクワクドキドキさせてくれていました。

『戦い』 と 『それ以外』 の両方の楽しみがあってゲームが成り立っていたんですよね。
それ以外の部分は、町の人から情報を得てストーリーを進ませるとか
お金を貯めて新しい装備を買うとか。

何より 『目的』 があるからこそ面白かったのがRPGです。
グラフィックやミュージックなどの芸術性に触れるだけでもかなり魅力はありますけどね^^


今、メイポをしていて
確かにメイポはオンラインゲームだから人と触れ合ってなんぼみたいなところもありますけど
これはゲームなんですよね。

メイプルストーリー自体に楽しみがあるはずなんです。

その楽しみをどれくらいの人が感じてくれているのかなぁ?って
それを問いかけているのが財前さんが作ってくれた動画だなって思ったんですよね。


あれすごいですよね。
私ね、剣士があんなにもアクション性の高い動きをするものだって知らなかったです。
いつも効率の良い狩場で沸く敵を次から次に倒して行く狩りをしているだけじゃ
プリさんのヒールがあればダメージの軽減もいらなくて向かってくる敵を攻撃するだけですよね。
と言い切って良いのか分からないですけど(・ω・;A)

ジャンプして避けたり、後ろにまわって敵に当たらず素早く攻撃する。
『アクションロールプレイング』 を思い出させてくれるワクワクドキドキな動きでした。
『狩り』 にゲーム性があって楽しそうですよね。

そして何より、色んな狩場をまわって冒険している感が伝わってきて。
いつも同じ狩場でいるより色んなことを考えられるし、色んな刺激を受けられる。
グラフィックにしろ、ミュージックにしろ
その狩場やそのマップに行かないと体感できないものもたくさんありますからね。

オンラインゲームの主人公は自分です。
何をして、何に出会って、どんな刺激を受けて、何を感じて何を考えるか。
きっとね、埋もれている 『イイモノ』 がたくさんあるはずなんです。
たくさん経験すればするほどキャラクターの成長以上に・・・育っているものがあると思うんですよね。

あの動画の中にね
狩ろうとしたマップに人がいてチャネルを変えるところがあるじゃないですか。
あれ、メイポをやめてから数年経ってから見るとね
あの場面に懐かしさを感じ、メイポがどんなゲームだったかを思い出せる気がしました。
なんてニクイ演出だ(笑) なんて見ちゃってました^^
初心者さんにも、『横』 なんて俗語を使わず 『人がいたらチャネルを変える』 って教えられますしね。

動画を撮る操作は誰にだって出来ますけど
『何を撮って』、 『どう組み込むか』 によって作品として違う出来になりますよね。
そこにその人のすごさを感じたりしてしまいます。

そして、それもまた見る人の感性によって良いものにも悪いものにもなりえるんでしょうね。
感動を覚えた人にとっては、そこで得られた感動が自分の世界に良い刺激を与えてくれるし
つまらないものだと思えば、感想で終わってきっと何も自分に影響を与えてくれないです。
せっかくひとつのモノを見てるのに、何の刺激も得られないのはもったいないなと思ったりします。

人を見る目も同じですよね。

人は必ず良い部分もあれば悪い部分もあるもので
それは例外なく誰にでも言えることだと思います。
そんな良い部分もあり、悪い部分もある同じ人を違う人が見たとき感じるその人の印象が
その 『見た人の(心の)世界』 を創って行くんだと思うんですよね。

私が見ている世界は
私が感じて思って創りあげてきた世界です。

例えば、Aさんが私にとって良い人であるならば
私の世界に住んでいるAさんは良い人なんですよね。

私はだから人の良い部分を見るようにしているのもあるんでしょうね。
人の悪い部分を見て、自分の悪い部分を直そうと思うことはあっても
その人を悪く思ったままでは、自分の世界に悪い人が住んでいることになっちゃいますし
何より、良い部分を見てるほうが自分にとってずっとずっと利益になることがたくさんありますからね^^
悪い人や、気分の良くないものって言うのは
意外に自分の考え方ひとつで変わったりするのも少なくないように思います。

『幸せ』 も同じかも知れませんね。
自分が良く思うことで、どんなことも嬉しく感じるものかも知れません。

人の優しさも同じ。

相手が優しさだと受け取らなければ
どんなに優しくしたつもりでも優しさにならないように
自分が相手の優しさを受け取れなければ
せっかくの、嬉しいはずの優しさも感じることができないんだと思います。

これは私のそばにいてくれる方から聞いた言葉なんです。
『君が僕の優しさを受け取ってくれるから、僕は優しくできるんだよ。』

ちょっと感動しちゃいました^^

ものの情報、人の心のやり取り
そういうものから受け取るものの違いによって
こうも見える世界、得られる感動が変わってくるものなんだと感じた瞬間でした。


どんなものも良い悪いなんて何も決まっていないのかも知れませんね。
あれがダメだ、これがダメだなんて言ってるのは
まだ、それの良さが分からなかったり
分かるだけの理解が出来ないからなんじゃないかなって思います。

だからこそ、何でも良く見て自分にとって良いものとしてたくさん吸収したい。
そして、自分を包んでくれる世界をたくさん嬉しさを感じられる世界に創りあげたいなと思います。

最近、こうやって人の心に触れるたび
自分の心を成長させてくれるようなたくさんの刺激に出会えて嬉しさを感じています^^
関連記事

お気軽にコメントをどうぞ^^

← 非公開はこちらをρ゙(・ω・*)ぽちっとな♪

TrackBackURL
→http://sakurasmile.blog60.fc2.com/tb.php/84-9da9637d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。