--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.16
こんばんは、櫻です^^

年明けから楽しんで行くヽ(・∀・。)ノ ゾー゚+。とブログも調子良く更新していたんですけど
年末から(。・ω・)ん・・・?な感じだったPCが…..(o_ _)o パタッ と Ωヽ(-"-;)南無南無。。。。してました。
リカバリしても直らないとか困る(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

そんな中土曜日に放送していたこの番組 『世界一受けたい授業』


この日に 武田鉄矢さん が講師として出ていたんです。
私が学生時代に予備校の先生がかなり難易度の高い数学の問題を
すごく分かりやすく説明してくれた(解いてくれただけかも?)のに感動したことがあったんですけど
それ以来に授業に(〃 ' ')ほぉ~って感心。
ホント、こんな先生に教えてもらいたい!!って感じでした^^

数学は同じ授業を違う先生が教えてたんですけど、その先生はなぜか人気がなかったんですよね。
ノートが取りにくい授業をするからなのか、もう一方のすっごい真面目な先生が大人気で。
良さが分からないのがもったいないなぁ~と思いながら、合う合わないがあるのかも知れませんね。
どんな先生であっても、自分がすごい!って思える人に出会うと人生観が変わります♪

この時武田さんがお話していたのは、昔話に見る感性とも言うべき考え方かな。
「桃太郎」、「一寸法師」、「浦島太郎」 この有名どころの物語で
見方を変えるだけで全然違うものに見える と言うのをすごい感じさせてくれました。

そのひとつ、桃から生まれたことでいじめられていた桃太郎の物語。
いじめに合うのは、人と違うから。
→ 人と違うとは、人と違う自分にだけある個性を持ってる。
→ だから、人と違う自分にだけあるその個性を生かして生きる責任がある。
そう考えることによって、「人と違うこと」 に対して悲観的にならずにポジティブに生きられる。

たまたま私が最近色んなことを考えていたからなのもあると思うんですけど
自分が考えていたことを後押ししてくれたり、何かヒントをくれるような考え方に出会ったとき
かなり得したような気持ちになるんですよね。

何時間かけても考えられなかったかも知れないことや
もしかしたらずっと自分には得られなかったかも知れない考え方。
それに出会えたことってすごい貴重だと思えてしまうんです。

いじめの話も最近の教育問題ですごい重要ですよね。
この武田さんの授業を聞いてて、学校で放送したら良いのに~~ってすごい思ってしまいました。
確かにいじめはいじめる方にもいじめられる方にも問題はあるんですけど
『個性』 ってすごい大切だと思うんですよね。

団魂世代の方々が退職し始める今の時代。
それに合わせるかのように、昨日から始まった木村拓哉さん主演の 『華麗なる一族』
小中学生には少し難しい内容かな?とも思わせるような厳格な雰囲気が漂うドラマなんですけど
それでも、自分で何かを成し遂げたい!と新規に事業を立ち上げるほどの熱い心を持った人。
今の時代にどれほどいるんだろう?と言った感じです。

それが 『個性』 と非常に強く関係していると思うんですよね。
『みんなと同じように』 生きることで安心感とでも言うか、ほっとする人が多い中
人と違うことを敢えてする人の存在って 賛否両論 なんですよね。
すごく 【E】\_(・▽・●)イイネ! って言ってくれる人もいれば
すごく カーン ||鐘||ヾ( ̄  ̄)ハイダメー って言う人もいるのがこういった生き方を選んだ人。

人ってそうそう強くないから、やっぱり lヾ( ̄  ̄)ハイダメー って人の意見が気になるんですけど
それでも、自分を良いって、支えてくれる人の気持ちを信じて頑張って行きたいところですよね。
もちろん、ダメなところは直すべきこともたくさんあるから貴重な意見。
特に日本人は調和を好むからなかなか面と向かって相手の悪いところを注意しないだけに
悪い!って言ってくれる人がいるのはすごく嬉しいことだったりしますしね^^

そんな 「個性」 や 「みんなと違うところ」 をどれほど大切に、どれほど成長させて行けるか
そしてどんな風に活かして生きていくか。
それをもう少し自分の心に留めながら頑張って行きたいなと思いました。

新年から主任として仕事が始まり、確かに期待の大きさは感じます。
でも、大きな会社の中のたったひとりの人と言う自分の中の考え方が変わらず
どうしてもサラリーマンになりたくないのに、ならざるを得ないのかな?と思えてしまう葛藤。
新しい年を新しい役職で迎えたのに何も変わっていない自分がいます... ( 〃..)ノ ハンセイ

特に大学時代 『研究(分からないことを追求すること)』 をしてきた人にとって
企業の時間制限での中途半端でも製品にするみたいな考え方が受け入れられないんですよね。

そんなんでイイノ? って納得出来ないんです。

疑問に思うくらいなら 『時間内に』 自分で解決しろよ!ってところなんでしょうね。
難しい(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

そんなこんなでモチベーションが今一歩上がらない私なんですけど
私も変わり者ですからね!

人(他人)が出来ることならしなくて良いよね?みたいな持論があるだけに
人に出来ないことを出来る人になる!!まで頑張って上って行きたいものです。
自分(*`・ω・)o<。・゚*ガンバレ*゚・。>o(・ω・´*)

今はホント、やる気がないのが大問題ですw
目標が形となって見えないからモチベーションが微妙なんでしょうね。
大学時代のあの山のようなアルバイトへのやる気はどこへ行ったのやらと言った感じです。
頑張りすぎたのかしら?(,,-ω-)(-ω-,,)ネー・・・。

あの頃が楽しく面白かっただけに、今の違和感から抜け出せないのかも知れませんね。
個性が変わり者として見られるだけなのか、才能として見られるのか。
今の仕事が自分に合ってるかどうかも良く分かりません。
まだまだ手探りで何かを探そうとしている自分がいるのが良く分かります。

初めの頃はね、そんな今の仕事に集中出来ていない自分ってどうかな~って思っていたんですけど
今は、それもまたアリかな?と。

何が良いか何が悪いかなんて誰にも分からない気がします。
何が良かったか、何が悪かったかも、同じく分からないんですよね。

結果として残ったものを良かったな~って思えるなら、それで゚+.ヽ(・∀・)ノ゚+. イイジャナーイと
楽観的に今目の前にあるものを頑張って行けたら良いかなと思いました^^


そうそう、浦島太郎の物語は
竜宮城での 『時間のないところでの夢のような生活』 の話ですよね。
亀に連れて行かれた場所でお姫様と一緒に楽しい時間を過ごして、帰る時に渡された玉手箱。
それを開いた時に、浦島太郎はおじいさんになってしまう。

玉手箱には、『竜宮城で過ごした時間』 が入っていて
その話を、ヴァーチャルなネットやTVゲームに夢中になった人たちを喩えていました。
ちょっと怖い話だけど、実際自分が生きている時間はどこでも同じですもんね。
竜宮城のようにそこでの時間を 『夢』 にしないような時間の過ごし方をして行きたいなと思いました。
夢にするのもアリかも知れませんけどね^^
それは個人の考え方です。

何はともあれ、今回みたいな番組を見てしまうと
感動や感心できることにもっと出会いたいなぁ~って思ってしまいます。
仕事、友達、ゲーム、TV、本、・・・
対象が変われば刺激も変わるだけに同じことだけしているのはもったいない気がしますね。

明日は何に会えるかな?

自分の人生観を変えてくれるような出会いに会えるか会えないかワクワクする。
そんな考え方も楽しそうだなと思いました^^
関連記事

お気軽にコメントをどうぞ^^

← 非公開はこちらをρ゙(・ω・*)ぽちっとな♪

TrackBackURL
→http://sakurasmile.blog60.fc2.com/tb.php/94-780b15bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。